2016年05月31日

性癖もりもり

明らかに20代のころに比べて性癖が増えてます。年を重ねてもちゃんと進歩してるみたいです、私。

性癖は?という質問があって、『自分の性癖はー』と考えると『足の裏(行為中やらのものが特に』、『おしっこ関係』、『腋』、『太めなフトモモ』とかいろいろあるなーと思ったんですけど、基本的にぱぱーっと思いつく性癖って、2次元限定なんですよね。
フトモモはともかく、その他はリアルだと特に何とも思わなかったりします。っていうか、むしろ好き好んではみない感じです。
資料も専ら2次元ですし。
自分でもどうしてなのかよくわかりませんけど、きっと何か拘りとか深層心理とかそういうのがあるのでしょう。

そしてさらに思ったこと。好きな性癖を考えていたときに『百合』とか『レズ』とかそっち方面1ミリも考えもしませんでした・
よくよく考えると百合とか、性癖とは違うのかもしれません。凄く好きですけれど。

三者三葉、近藤ちゃんが可愛くて仕方無いです。可愛い・・・。
でも一番性的だなあと思ってしまうのは照ちゃんでした・・・。
posted by 夏実さん at 17:07| Comment(0) | 日記

2016年05月26日

少女マンガは面白い

少女マンガ原作のアニメ、結構見てますが面白いです。
アニメと漫画を少々読んでいるだけなのでなかなかアテになるか分かりませんが、何故面白いのかなー考えてみました。

マンガによって舞台がマチマチ(現代の学校だったり海外だったり架空の世界だったり)なんですけど、大体共通してるなーと思うのが、『軸がブレない』のと『見せたいものがスッキリしている』とかだと感じました。
基本的に『男女間(もしかしたら同性間)の恋模様』を描くことにかなりの比重を置いてると思います。
(ちはやふるだと競技カルタも主軸のひとつですが、それでもほぼ軸2本で貫いてますし)

見せたいものがスッキリしてる分、見るほうもスッキリと没頭して見られるのかな。
異世界や非日常的な場所が舞台であってもあくまで『主軸』に重きを置いて話が進行しているので、視聴者としては飲み込むのが楽ですし。
舞台や設定やら、そういうのもいろいろあるかとは思うんですけど、そういうのをいちいち説明せずに『あくまで補助的なもの』として存在しているので、多少無理があろうとも気になりませんし。
(これくらいの文明なのにこんなのがあるのはおかしい、みたいなやつとか)

あとまあ・・・普通に主人公(ヒロイン)、可愛い子多いですよね・・・素直な子多くて・・・。

そういえばリゼロ、凄く面白くなってきました。びっくり!
posted by 夏実さん at 15:39| Comment(0) | 日記

2016年05月23日

匙加減

料理するときも大事ですね、これ。
最近ふとプロフとかに「調理師免許所持」って書いておけば私の書く食事のシーンでの説得力がべらぼうに上がるのかなあと思ったりしました。

でも料理ではなく、シナリオとかの匙加減の話。

「プレイヤーにどこまで情報を伝えるか」の加減って結構難しいなーって思うんですよね。
過多になりすぎると結構読むのがダルい感じになりますし、不足してるとなんのこっちゃみたいな感じになりますし。
そこらへんの匙加減も難しいんですけど・・・結構忘れがちになりそうなのが1つ。
私もシナリオ書いてて結構あったんですけど『登場人物が知っている事柄』についての扱いについて。
『登場人物が知っている』というのは言い換えれば『作者が知っている』として問題無いと思うんですが、これがちょっと厄介だったりします。
『知っている体で話を進める』と言うのが起こりえたりするんですよね。何も考えずに話を展開してしまう。知っているから、そのまま話を繋げてしまう。
登場人物や作者が知っているからで説明無しに話を進めてしまう、これ、慣れないうちは良くやってしまうかなーって。(慣れてきてもたまにやっちゃったり)

ただ、だからといって全部を説明してしますとくどくなって・・・といろいろあるので、難しいところです。

話が散らかって何を言いたいのか分かり難くなってしまいました。
多分、今日物凄い暑かったからだと思います。
posted by 夏実さん at 17:48| Comment(0) | 日記